いい香り

 12月18日(金)、郷土料理教室で「ししたけおこわ」を作りました。もち米(3合)を炊いている間に、材料(ごぼう、人参、油揚げ、ししたけ)を刻み炒めます。そして、調味料(酒大さじ3、みりん大さじ3、醤油大さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ1)を加えて、さらに、だし汁(ししたけのだし汁とかつお節のだし汁400~600g)を加えてクツクツと煮込みます。
IMG_1396-1
IMG_1398
IMG_1401-1
IMG_1402
IMG_1405
 煮込んだ具材に、炊きあがったお米を入れて混ぜ合わせ、少し蒸らして完成。
IMG_1418

 お米を炊いている時間や蒸らしている時間を利用して、おまけのシフォンケーキ作りにも挑戦。
IMG_1407
IMG_1412
IMG_1416
IMG_1422-1
 上手く膨らんでとっても美味しくできました。コツは卵白の泡立て方と型に流し込んだ後に、はしで5周くらいまわすこと。
IMG_1423-1
IMG_1424-1
 「ししたけおこわ」に「シフォンケーキ」とってもいい香りでした。

薬礼日

 12月8日(火)、年中行事の再現「豆腐あぶり」が行われました。毎年、小学校4年生がこの行事を体験します。まずは、カルタ大会!!なんとこの大会、今年で35回目・・・つまり35年も続いている行事なんです。カルタは東成瀬村郷土カルタ。気合充分、大会の始まりです。予選5組で一番札をとった人が決勝へ進み、決勝戦。男女それぞれ一番多く札をとった人が今年のカルタキングとクィーンになります。
CIMG5157
CIMG5155
CIMG5179
 来年、この2人の名前が歴代キングとクィーン2020年の欄に載ります。おめでとうございます。
 
 続いて、昔語りを一つ聞いた後に、いよいよ豆腐あぶり行事。
 昔、12月8日は「薬礼日(やくれいび)」といって、お医者さんに1年の薬代を支払う日とされていたそうです。その日に、「来年こそは医者にかからないぞ」と心に決め、医者のすねにミソをつけるという意味から田楽(豆腐を医者のすねにみたて、味噌とは恥をかかせる意味)を作って食べたそうです。
CIMG5193
CIMG5195
CIMG5197
CIMG5208
CIMG5214
 1年の健康を祈り、ほっこりあぶりあがった豆腐をほおばりました。今日使った味噌は、3年生の時に自分たちが味噌づくり体験で作った味噌。格別な味だったでしょう。

※お医者さんは薬代を支払いに行った方々に「寄せ豆腐(お客さんを寄せるという意味で)」をごちそうしたそうです。面白いですね。

リース作り

 12日に最終日を迎えた「つる細工教室」でしたが、平かごが出来ていない人のために、11月26日(木)に特別講習が行われました。その後、特別にクリスマスリース作り♪♫
IMG_4002
IMG_4001
IMG_4003
 素敵なリースが出来上がりました。