「こけし」にほっこり

 岩井川出身の備前堯(びぜんたかし)氏のコレクションを展示しています。秋田県南部のこけしを中心に東北地方のこけしを収集していました。大仙市大曲在住のご遺族から村にご寄贈いただきました。ありがとうございます。
s_IMG_5618
s_IMG_5619
s_IMG_5635
 こ~んなに可愛らしい「こけし」たちがいますよ!!癒されます。
s_IMG_5631
s_IMG_5630
s_IMG_5632
s_IMG_5633

豆腐あぶり

 12月13日、年中行事の再現「豆腐あぶり」行事が行われました。体験したのは東成瀬小学校4年生30人です。初めになんと、今年33回目を迎える郷土カルタ大会です。この郷土カルタは、昭和57年に完成したもので当時、全戸配布されています。読み札は、村内の歴史や景勝地がうまくもりこまれていて、絵札の裏に解説がついています。今日の「豆腐あぶり」の札もあるんですよ。
s_IMG_5116
s_IMG_5110
 カルタ大会開始!!それぞれグループに分かれ、一番多く札をとった人が決勝へ・・・決勝進出を目指します。
s_IMG_4748
s_IMG_5141
 協力隊の小嶋君も郷土カルタ大会に参加してみました。2枚しかとれませんでした。
s_IMG_4771
 カルタキングは髙橋君、カルタクィーンは吉田さんに決定しました。
s_IMG_5227
 昔っこの会による「豆腐の病気」という昔語りです。豆腐が病気をして、元の豆(マメ)には戻れない・・というお話でした。
s_IMG_5230 (1)
 「豆腐あぶりのいわれ」・・・12月8日は、医者への1年間の薬代を総決算する日であり、「薬礼日」とされています。この日に豆腐あぶりをしていました。貧乏でありながら、常に医者にかからなければならない人がいて、その年の薬代も満足に支払えない状態だったので、「来年こそは医者にかからない」ということで「医者のスネにミソをつける」という意味で始まったそうです。
s_IMG_5246
s_IMG_4791
s_IMG_4761
 味噌をつける体験もしてみました。豆腐に味噌をぬるのが難しかったようです。
s_IMG_5257
s_IMG_4798
 いただきま~す!!美味しくいただきました。
s_IMG_4800
s_IMG_4812

おでん祭り

 12月6日(木)、今年度、きっかけづくりをテーマに開講している生涯学習教室の体験コース。その中の家庭菜園で収穫した大根を使って、体験コースへ参加してくれた皆さんとの交流会が行われました。通称「おでん祭り」への参加者は40名ほど・・・それぞれの教室の講師の先生にもご参加いただき、本当に嬉しく思います。

 さて、交流会の始まりは同じく体験コースの郷土料理教室。もちろん家庭菜園教室で収穫した大根を使わせてもらって、第Ⅰ部「なた漬けを作ろう!!」
 なたで大根を切ります。 s_IMG_4755
s_IMG_4760
s_DSC_0104
 麹に熱いお湯をヒタヒタに入れて、冷ましたもの
s_IMG_4769
 大根に調味料、麹を入れかき混ぜます。調味料は酢、酒、塩、砂糖
s_IMG_4773
s_IMG_4776
 今日は真っ白な大根のほかに、色合いで紫大根と人参も一緒に漬けました。
s_IMG_4782
 石などで軽く押さえて、2~3日で美味しく漬かります。(今日は石がないので鍋に水で)
 なたを使うのは大根の切り口にひだが出来、味がしみやすくなります。柚の皮を少々入れると風味良く食べられるそうです。

 第Ⅱ部「交流会」、メインはもちろん「おでん」!!
s_IMG_4792
s_IMG_4790
 この日に合わせてつけておいた「なた漬け」、おにぎり、あずきでっち、持ち寄った漬け物などたーくさんのごちそうです。
s_DSC_0098s_DSC_0106
s_IMG_4799
s_IMG_4826
s_IMG_4841
 ギター教室の先生による歌もあり、大盛況に終わりました。

 お土産・・・今日、みんなで漬けた「なた漬け」を皆さんへ
s_IMG_4845

 家庭菜園教室はこんなふうに進んでいきました。また来年もやりたという声があります。大根だけではなく、他の作物にも挑戦予定。是非、参加してみませんか?
s_IMG_4847
s_IMG_4848
s_IMG_4850
s_IMG_4851

 ※12月1日着任の地域おこし協力隊の小嶋君です。教育委員会に所属し、主にスポーツ振興を担当します。よろしくお願いします。早速、今日の交流会にも参加しました。
s_IMG_4726