古道をゆく

 8月30日(日)、奥州市「胆沢古道の会」と東成瀬村「仙北道を考える会」のそれぞれの会員とその関係者の参加により仙北道現地踏査が開催されました。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から今年度は一般公募はしなかったものの、28名からなる踏査隊。まるごと自然館で出発式を終え豊ヶ沢林道終点まで向かいます。
IMG_6521IMG_6533
  仙北道「姥懐(うばふところ)」で神事を終え、午前7時5分にいざ出発!!
IMG_6544
IMG_6540
 ブナの葉が敷き詰められた古道をのぼり、一気に視界が開ける「丈の倉(じょのくら)」には、午前7時40分。栗駒から焼石連峰まで見渡せ、国道397号線も見えます。
IMG_6554
IMG_1680
IMG_6559
IMG_6560
IMG_6564
 最高地点、県境の「柏峠」午前8時45分。ブナの巨木が目立ってきます。
IMG_6567
IMG_6571
IMG_6573
 「山神(やまのかみ)」午前9時30分。踏査の無事を祈りました。山神の石碑は唯一、昔からあった石碑です。
IMG_6584IMG_6587
IMG_6588IMG_6590
IMG_6594IMG_6595
IMG_6597
IMG_6606
 「粟畑(あわばた)」午前10時10分。ここから藪になっているところがあります。
IMG_6620
IMG_6627
IMG_6635
「中山小屋(なかやまごや)」を過ぎると急斜面をくだり、小出川本流におり立ちます。ここで昼食タイム。
IMG_6649
IMG_6659
IMG_6664
 午前11時50分。「小出の越所(おいでのこえど)」出発。
IMG_6670
IMG_6673
IMG_6675
IMG_6677
IMG_6687
IMG_1715
 渓流沿いを歩く道筋、ブナ、ミズナラ等に加え、株立ちするカツラの巨木を縫うように歩く道は神秘的。
IMG_6689
IMG_6691
IMG_6702
IMG_6705
 亀の子そっくりの「亀の子岩」、白く光る滝も涼しさを感じさせてくれます。
IMG_1728
IMG_6709IMG_6715
IMG_6717
 「大胡桃山(おおぐるみやま)」午後3時。柏峠に次ぐ高所で視界が開け、遠く東山から焼石岳まで見渡せます。
IMG_1751
IMG_1780
 あとは下り道。大寒沢林道終点を目指し午後4時ゴール。
IMG_6738
IMG_1784
 8時間を歩ききった達成感と喜び。無事終了したことに感謝します。
IMG_1536

いい物発見

 8月21日(金)、ふる里館を会場に古文書学習会が開催されました。昨年の暮れから何回か開催されている勉強会は、村の古文書を読み解いています。今日は、午前中に講師の先生とその古文書に中にあった明治時代の手倉地区の地図を片手に村内巡り・・・手倉御番所から水神社や仙北道、まるごと自然館の仙北道関係資料室、そして帰りは手倉の川向かいを探険し小さな神社を見ました。古い古い地図をもとに巡って歩く村もなかなかでありました。
IMG_6502
IMG_6504
IMG_6506
IMG_6507
 先生は、ここの資料室に置かれている木で作られた駕籠が気に入り、いい物だ~と釘付けになっていました。
IMG_1490

 そして、午後からは勉強会です。今回は参加者の希望により新しい古文書。これも村内のお宅に保管されていた物で「伊勢道中記」。旅をした時の停車駅、宿代や茶代などのかかった費用などなど事細かに記されています。参加者は時間も忘れ、夢中になり読んでいきます。
IMG_6509
IMG_6511
IMG_6512
IMG_6513
IMG_6516
 はじめて耳にした英語でしょう? 駅 ステーションが ステン処 と記されていたり、今ではもうなくなっている駅名も出てきたりとこれを調べるのもまた楽しさが増す。古き良き歴史に触れた感じがしました。

芽が・・・

 8月20日(木)、家庭菜園教室の大根の種まきです。今回の大根は、青首大根とおでん大根の2種類を蒔きました。前日の朝5時に堆肥をまいた土を掘ってもらい、畝を作り種を蒔いて行きます。
IMG_6469IMG_6472
IMG_6471IMG_6479
IMG_6481
 この間(8月12日に)蒔いた大根と玉ネギの種は芽を出していました。
IMG_6470
IMG_6494

 このほか、今日の作業は人参の間引きと草取り、芋の子に土かけをして終了。
IMG_6484
IMG_6485
 
 お楽しみ♫♪ 次回までジャムに変身してくる予定です・・・
IMG_6497IMG_6496
IMG_6499